FC2ブログ
I am a champion !
前厄なんて・・・吹っ飛ばせっ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グルメ企画
まず始めに、この話はフィクションです。

所々不謹慎な内容も含まれますが、あくまでフィクションです。

念を押しますが、フィクションですよ!!
1ヶ月ほど前に、すべらない話(ゴールデン枠)が放送されましたね。

その中で、大竹氏が「タイの偉い坊さんがマクドナルドのハンバーガー食ってた」

と言っていたのが個人的に印象深かったです。

やはり、寺の坊主のイメージとしては、

和食というか、精進料理のようなものが先入観としてありますので。

とはいえ、坊主も人の子ですから、我々と同じように食事くらい自由にしてもいいんです。

というか、実は寺の坊主達はオレ達よりもイイモノ食ってんじゃないか?

実はとんでもないグルメ愛好家なんじゃないか??

実は職務中もグルメのことで頭いっぱいなんじゃないか??

ということで、グルメ企画・“寺はグルメだ!”のはじまりです。

=====================

今回の舞台は葬儀の式典です。

葬式にはどんなグルメが潜んでいるのでしょうか。

まず、最後尾からその光景を見ていたとしましょう。

坊主が木魚を叩き、お経を唱える。

一同は順番に焼香を済ませる。

その間、会場からは絶えずすすり泣く声が聞こえる。

なんとなくイメージできるでしょうか?










故人に対して、あらゆる想いが交錯するなかで

故人を想い、焼香し、涙する。










イメージできますよね?










では、ここからが本題です。

最後尾からの光景ではなく、寄ってみましょう。










実はコレ、焼香ではないんです。

容器の右側には薬味、左側には麺つゆ。

右手で薬味をつまみ、念を込めてつゆにつける。

そして、麺をつけて食す。

すすり泣きに聞こえた音は、素麺をすする音だったのです。

彼らが流していたのは涙ではなく・・・素麺。

俗に言う、“流し素麺”ってやつです。

故人が亡くなった悲しみも一緒に、

文字通り“水に流す”というわけです。

さらに言えば、坊主が叩いていたのは・・・すいか。

坊主はすいか割りをしていたに過ぎません。

来場者は割れたすいかに清めの塩をかけて食す。

偶然か、意図的か、すいかの甘味を引き立てたのでした。

ここまで読めばもうおわかりかもしれませんが、

香典の詳細は、食事代です。

*何度も書きますが、フィクションです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんな供養をされたら嫌です笑
復活したんですね!!??
また読みに来ます!!
2007/07/14 (土) 11:39:16 | URL | sunachann #-[ 編集]
>sunachannさん
確かに自分がこんな供養されたら嫌ですよねw
気ままにやっていきますんで、よろしくお願いしますwww
2007/07/16 (月) 18:44:30 | URL | Team2000 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 I am a champion ! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。